ロンドン語学留学エージェント 格安語学学校の手続き・サポートいたします。


格安で留学して、ロンドンで好きなことにこそお金をかける。
こんな留学って楽しいと思いませんか?



ロンドンの語学学校の1年間の授業料、¥460,250から。

(授業料・入学金・入学手続き代行手数料・1年間のサポート料金込みで¥560,250)
※1ポンド=175円で計算


ロンドンに留学なんてお金がかかり過ぎると信じ込まされているあなたへ:

こんにちは。ローコストロンドン留学代表の井ノ口です。

突然ですが、ロンドンには年間40万円台で通える語学学校がある
って知っていましたか?

日本ではほとんど知られていませんが、これは事実です。

信じる信じないはあなたの自由ですが、これは本当なのです。


もしあなたが、


「ロンドンに留学してみたいなぁ」

「ロンドンに留学してみたいけどものすごくお金がかかりそうだなぁ」

「このまえ資料請求してみたけど、ロンドン留学ってお金がかかるんだなぁ」

「ロンドンに留学したいけどそんなお金は払えないなぁ」

「ロンドンは諦めて他の国にしようかなぁ」

と思っているのであれば、このページを最後まで読んでみてください。


今までの常識を覆す、激安ロンドン留学サービスをご案内します。


このサービスのことを書ききろうと思うと、ついつい力が入ってしまい
長い文章になってしまいました。

もし何度かお読みになりたい場合は「お気に入りに追加」してください。

最後まで読むと、あなたの「ロンドン留学」に関する考え方が大きく変わります。

そしてロンドンがグっと身近になっているでしょう。


「そんな怪しい情報は信じない」

「留学にはいくらかかっても構わない」


という方には全く意味のない情報です。
貴重な時間を無駄にするわけにはいきません。
早々にこのページを閉じて下さい。



さて、準備はよろしいでしょうか?

改めましてこんにちは。ローコストロンドン留学の井ノ口です。

3年間のロンドン生活を終え帰国しました。

ロンドンの語学学校に通いながら、美容室で働いたり、
自分の創った音楽でライブをしたりしてロンドンを満喫してきました。


ロンドンで行われたAlternative Hair Showのバックステージにてサロンスタッフと



ロンドンは面白い街で、いろいろなものがあります。


●最新の音楽シーン

●ハロッズを代表とする高級デパート

●優雅なアフタヌーンティーの伝統

●ヴィダルサスーンなどの世界的に有名なヘアサロンがある美容のメッカ

●ヴィヴィアンウェストウッドのような世界中で愛されている個性的なお店

●いつの時代も流行を発信するファッションシーン

●新鋭のアーティストを積極的に受け入れる風土

●個性的なフリーマーケット

●プレミアリーグ

●ストリートアート

●アロマセラピー

●美術館

●テニスの殿堂ウインブルドン

●世界的に有名なDJがプレイするクラブ

●フラワーアレンジメント

などなど。あげれキリがないですね。



最先端の流行と伝統的なものが共存する魅力的な街です。


ただ一番の問題は物価が高いことです。

地下鉄の運賃、レストランでの食事代、家賃、その他諸々。。。
これには本当に参ります。

日本より安いものなんてないような気になります。

でも、あるんです。

日本と比べて断然安いものが。

それは学費です。

特に外国人に英語を教える学校、いわゆる語学学校の学費は
日本の常識では考えられない程安い場合があります。

" 場合があります "と言ったのは、安い語学学校を選んだ場合
ということです。学費が高い語学学校もあるので注意が必要です。


100万円の差がでる語学学校選び。


ロンドン留学中、日本からロンドンにやって来たT君と会いました。

今まで日本で働いていた美容室を辞めてロンドンに来たそうです。
英語を話せるようになりたかったから、とのことです。


志は素晴らしいと思います。
仕事を辞めてまでロンドンに留学する。
なかなか出来る決断ではないですよね?


でも130万円払ったって・・・


詳しく話を聞いてみると、某大手留学代理店にホームステイ等を含む全てを
任せてしまったようです。支払い総額130万円也。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

【130万円に含まれるもの】

●ロンドンの語学学校7ヶ月分の授業料(85万円)
●往復航空券(キャセイパシフィック航空利用)
●2ヶ月間のホームステイ代金
●空港送迎費

※はじめの2ヶ月間のホームステイ代金以外の生活費は一切含まれていません。
 家賃、食費、交通費、携帯電話通話料その他は別途かかります。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

T君曰く、


『これだけ全部含まれていて130万円じゃ安いほうだと思います』

だそうです。

これを聞いてあなたはどう思いますか?


確かに僕ら日本人の感覚なら安いと感じるかもしれません。

日本の私立大学の学費の高さを考えれば無理もないかも知れません。

ロンドン事情を知る前の僕なら、T君と同じように考えていたかも知れません。

ただ、日本とイギリスは別物です。7ヶ月の授業料だけで85万円・・・


全然安くありません!


さらにT君曰く、


「結構有名な留学エージェントに頼んだんですよ。
 他にも結構見たんですけど、高いところばかりでした」



T君・・・


全然安くないよ・・・


こんなことをイノセントに話すT君を見て、「これはマズイな」って思いました。

ロンドンのことを知らない留学生相手に多額のお金を取るエージェントが
たくさんあるという事実、まだこんなことが普通に行われているという事実
に大きなショックを受けました。



僕はロンドンに3年間留学していましたが、
語学学校に1年あたり15万円以上払ったことがありません。

何故なら、ロンドンの安い語学学校を知っているからです。


そして安い語学学校の質が必ずしも低いわけではない
ということを知っているから
です。


もちろんビザも取れましたので、これらの学校はイギリス政府が
定める基準を満たしているということです。


誤解をしないで頂きたいのですが、授業料が高い語学学校を否定している
わけでもないですし、そういう学校を斡旋している留学エージェントを
批判しているわけでもありません。それが彼らのビジネスですから。


問題なのは、

ロンドンにある安い語学学校の存在が日本では殆ど知られておらず、
また無知である故に 、"留学のプロ" であるはずのエージェントの薦めるがまま、
半ば自動的に高額な語学学校に申込んでしまう留学生が後を絶たないという事実です。


T君に僕の学校のことを話したら、


『そんな安い学校があるんですか!?』

『知りませんでした・・・』

と言ったあとにポツリとつぶやきました。


『もっと早く知りたかったです・・・』

しばし呆然としていました。

T君のガッカリした表情が今でも忘れられません。


それもそのはずです。1年以上かけて留学資金を貯めたそうです。

欲しい服も買わずに我慢して、昼食は自分で弁当を持参して
食費を抑え貯めたお金だったそうです。


その大切なお金とそれに費やした時間が無駄になってしまったと気づいたら・・・


なんとも嫌な空気が漂っていたことを鮮明に覚えています。

とにかくT君が気の毒でなりませんでした。


僕が語学学校に支払ったお金 15万円以下(1年分)
T君が語学学校に支払ったお金 85万円(7ヶ月分)


7ヶ月で85万円ということは、1年換算したら・・・


なんと100万円以上の差が出るのです。


同じように1年間ロンドンに語学留学するだけで、


100万円以上の差が出てしまうことがあるのです。

ロンドンの語学学校が安いのは何故?



僕自身、年間15万円で通える語学学校をはじめて見た時は疑ってかかりました。


「本当にちゃんと授業するのかな?」

「なんか裏があるんじゃないか?」

人間自分の常識を外れるものに対しては疑いを持つものです。

日本では絶対にありえない価格ですからね。


しかしロンドンには、年間20万円台で通える語学学校が
現実に存在しますし、そこに通っている日本人もいます。

僕もそのひとりでした。

ではなぜロンドンの語学学校が安いのか?その理由を説明します。


イギリスでは、週15時間以上の授業を
受けることで「学生ビザ」が取得できます。

時間に制限はありますがアルバイトも可能です(週10時間まで)。

要するに授業料が非常に安い語学学校で
あっても正規の留学生として滞在できるのです。

週15時間の中身はというと、月曜日から金曜日までの5日間、
1日3時間の授業となります。

そう1日3時間なんです。朝から夕方までじゃないんです。


ここが重要です。


ほとんどの語学学校の時間割は、1日を3つの時間帯に区切っています。

午前の授業(9時〜12時)、午後の授業1(12時〜15時)、
午後の授業2(15〜18時)というパターンが一般的です。


この3つの時間帯で授業が行われます。生徒はこの3つのなかから
自分の好きな時間帯を選んで出席すればよいわけです。

これは語学学校側からみると、1日に同じ教室で
生徒が3回入れ替わる事ことを意味します。

先生は1日に3つのクラスの生徒を担当することができるのです。

従って、教室を3倍有効利用することが可能になるわけです。


これにより語学学校側はコストを大幅に削減できるので、
その分授業料を抑えることができるわけです。


もうひとつの理由としては価格競争があげられます。


毎年世界中からたくさんの留学生が集まるロンドンには、
沢山の語学学校があります。

当然そこには熾烈な価格競争が生まれます。

東京は秋葉原の電気屋街を思い出してください。
大小様々なお店が激しい競争を繰り広げていますよね?

競争があれば価格が下がることはあなたも知っていると思います。


留学生の数とともに語学学校の数も多いロンドンにおいては、
激安価格を掲げる語学学校が登場しても何の不思議もないのです。


ロンドン郊外に格安語学学校が少ないのは競争が少ないからとも言えるでしょう。

授業料の高い学校に行けば英語もできるように
なるでしょ?高い金払っているんだし。

もしあなたがこう思っているとしたら危険です。かなりヤバいです。

●高い授業料を払ったのになかなか英語が上達しない人

●安い授業料の学校に通っているにも関わらずメキメキ英語が上達する人


この2種類の人が存在するのは何故だと思いますか?

答えは簡単です。

本当に英語を習得する気があるかどうか。

これに尽きます。

高い授業料の学校に行けば、講師の質も高いし、設備も良いだろう。
きっと英語もすぐ上手くなるに違いない。


こういう安易な考えは危険です。
なぜなら他人任せだからです。


考えてみましょう。


英語を学ぶのは、英語を喋るのは本人でしかないのです。

いくら優秀な講師の授業を受けようが、施設が整った校舎で学ぼうが、
英語を身につけるのは自分でしかありません。


講師はあなたが英語を学ぶ手助けをしてくれます。英語を話す機会を増やすように、ゲ−ムを取り入れた楽しい授業をするかも知れません。

しかし、英語を話せるようにはしてくれません。

英語を話すのはあなただからです。


この当たり前の事実に気づいていますか?
当たり前すぎて意外と見落としていませんか?


これすごく大事なことです。


大事なのでもう一度言いますね。


学校や講師が英語を話せるようにはしてくれません。
英語を身につけ話すのはあなただからです。


偉そうな言い方に聞こえてしまったかも知れません。
嫌な気分にさせてしまったとしたらゴメンナサイ。



ただこれからロンドンに来るあなたには、
変な幻想を抱いて欲しくないと強く思うのです。


少なくないお金と時間を投資して留学するわけです。


「やっぱり来て良かった」と思える留学であって欲しいと思います。



授業料の高い安いであなたの英語力が決まるわけではない

ということ。

これは是非覚えておいてくださいね。


安い語学学校があるのは分かったけど、本当にそんな
に安くて大丈夫?高い語学学校とどこが違うの?

ごもっともな意見です。
それでは格安語学学校と高額語学学校の違いを説明いたします。

【授業の質】


日本の大手留学斡旋業者が紹介しているのは、
ほとんどT君が通っているような授業料の高い語学学校です。


格安語学学校と高額語学学校の授業のクウォリティーに違いがあるのかどうか?


はっきり言ってこれは先生次第です。


講師の質を証明するために、「英会話学校講師の資格」が存在します。

各学校とも、


" 有資格講師が英語を教えます "

などと宣伝しています。
格安校だから有資格講師がいない、なんてことはありません。
格安校・高額校問わず、大抵の講師はこの資格を持っています。


高額校の講師だからといってあなたにとってピッタリとは
限りませんし、逆に格安校の先生の教え方が実が素晴らしい
場合だったあるのです。もちろん逆の場合もあるでしょう。


要するに授業の善し悪しについては

格安校だろうと高額校だろうと関係ない

ということです。



これはもう先生次第です。あなたとの相性もあるでしょう。

授業を受けてみて、


「なんか合わないな・・・」

「どうもイマイチ面白くない」


と思ったら替えてもらえばいいのです。

遠慮は要りません。語学学校のスタッフに相談しましょう。
ちゃんと意志を伝えて、先生を替えてもらうか、クラスを
替えてもらえばいいのです。


あなたの英語力を試すいい機会なわけですから、どんどん
言うべきです。こういう小さな経験によって英語力は養われる
ものですし、自信がついてきますから。

繰り返しになりますが、授業の質に関しては格安校だからダメ、
高額校だから絶対良い、なんてことはありませんからね。

授業料が高い学校なんだから講師も最高で英語力が伸びるに違いない


なんていう淡い幻想を、もしあなた抱いていたのなら金輪際捨ててくださいね。


実践あるのみですよ、英語なんて。



【設備の違い】

高額校の場合、一般的に設備が整っていることが多いです。
大きなキャンパスがあり、食堂があってテラスも庭もある。


こんな学校もあるかも知れません。さすが高いだけあります。
一方、格安校はというと、大抵の場合キャンパスがありません。

日本にある大手の英会話教室のようなもので、
建物の1部を借りてやっている場合が多いです。

1〜2フロアに教室が何個かあって、レセプションルームと
リビングルームがあるというくらいのものです。大きなものではないです。


こういう設備の面で考えると、100万くらいする
学校には敵わないと思います。

しかしだからと言って講師の質が悪いか?
というとまた別問題です。

先ほども説明したように、学校次第、先生次第です。

それにはっきり言ってしまいますが、学校で学べる英語なんて多くて2割くらいです。

あとは街に繰り出して、実生活で慣れるしかないのです。

ロンドンっていう最高のキャンバスがありますからね。

要するに

学校に通っているだけでは英語はできるようにならない

っていうことです。

語学学校は留学生活のメインディッシュではないのです。

あくまで生活の一部。

ロンドンの街角で英語を話してコミュニケーションをとるための補助的なものなのです。


それなら安く留学してロンドンを楽しんほうが遥かにいいと思うのですが・・・

いかがですか?


【生徒の国籍の違い】

格安校と高額校。値段が大きく違います。
これが何を意味するか分かりますか?

生徒の国籍や人種がある程度決まってしまう

ということを意味します。

授業料に100万円なんて大金払える人なんて、
世界的にみたら実はそんなに多くないんですよ。

いわゆるお金持ちの国の人、お金持ちの家の人です。

ロンドンで出会ったある日本人から聞いた話はとても衝撃的でした。

日本の大手代理店で手配してもらった100万クラスの語学学校に通っている人でした。


「うちの学校はチャイニーズが8割で授業中も英語じゃなくて中国語しか聞こえない」


とのことでした。

詳しく話を聞いてみると、どうやらその学校は生徒の大半が中国からの
留学生で占められている学校だそうで、お金持ちの娘、息子が集まって
いる語学学校だったそうです。

どこの留学代理店が斡旋したのかは分かりませんが、
少なくとも英語を学ぶのにいい環境とは言えませんよね。

中国語を学ぶにはよかったかもしれませんが・・・

もちろんこれは極端な例だと思います。

でも似たような話聞いたことないですか?



「エ−ジェントに紹介されて学校申込んだけど、行ってみたら日本人ばっかりだったよ」


って。


冷静に考えると当たり前なんですけどね。

そんな大金払える人種って・・・

日本人?中国、香港の金持ち?それとも・・・


もちろんこんなことばかりではないですよ。
ただ十分あり得る話だということを知って頂きたいだけです。


経済的な理由で限られるわけですからね。


それに日本の大手代理店がこぞって紹介するのはこのクラスの語学学校なわけですから・・・


お分かりでしょうか?
大手の留学斡旋業者が絶対に語らない、隠れたリスクを知るべきです。


特定の人種が密集するのは偶然なんかではありません。
経済的な理由による必然なのです。

日本人が集まる可能性が高いのは当然です。


それに比べて格安校はというと・・・


人種のるつぼですよ。

イタリア、スペイン、トルコ、ブラジル、ロシア、東欧、アフリカ・・・・

数えきれないほどの国々から人が集まってきます。
もちろん日本人もいますがそれほど密集することは多くありません。

まさにインターナショナル。いろいろな人種が入り乱れるロンドンという街の縮図です。色々な国の人と友達になりたかったら断然格安校のほうがお薦めです。

多国籍の街ロンドンに留学する最大のメリットってそこだと思いますけどね。
一度の何十ヶ国の人々と出会える街って世界にもそんなにないですから。

格安校と高額校の違い、お分かりでしょうか?

大切なところなので図にしてみました。

格安学校
高額学校

小さな校舎
英会話教室のような感じ

設備の違い
立派な校舎
先生次第
授業の質
先生次第

世界各国の人々

インターナショナル

ロンドンの縮図

人種の違い

お金持ちの国の人

お金持ちの家の人

日本人が多くなりがち



どちらが良いかはあなたが決める問題ですが、

●格安校だろうが高額校だろうが授業は先生次第
●設備の違いこそあれ英語力は自分の努力しだい
●実は高い学校ほど特定の人種が集まりやすく、格安校の方が世界中の人と知り合えるチャンスがある

ということです。

それでもまだ100万円余分に払って留学しますか?


格安語学学校って本当にそんなに良いことばかりなの?


ここでひとつ断っておかなければいけないことがあります。

ロンドンにある年間20万円台から通えるような格安(激安)語学学校は、まだまだ全体から見たらマイナーな存在です。実際知らなかった方のほうが多いでしょう。

ですが、以前に比べると日本人も少しずつ増えてきました。ローコストロンドン留学が支持されるに連れてその数が増えてきているというのもあります。

2011年1月1日現在、ローコストロンドン留学でお手伝いさせていただいたお客様が累計で200名を越えました。全国で発売されている雑誌の取材も受けるようになりました。

ですから、必ずしも「格安語学学校には日本人が少ない」と言うことはできません。

またクラスによって日本人が集中しやすいクラスというものがあります。例えば初級コースの午前中のクラスは日本人に人気があります。ですから学校全体ではそんなに多くはなくても、そのクラスには日本人が多いというようなことも起こりえます。

別に日本人が多かったら英語が勉強できないのか、って言ったらそんなことは全くなく、要は自分次第なのですが、気にする方もいるかもしれませんので正直にお伝えしておきます。その点をご理解ください。

それから語学学校について。

安い語学学校だからダメとは限りませんし、高い語学学校だから絶対良いとも限りません。

ですが、「授業料が高い語学学校に良い講師、というか人気のある講師が集まりがち」

というのはある面では事実だと思います。

転職が当たり前のイギリス社会では、能力のある人がより良い仕事を求めていくのは当然です。ヘッドハンティングもよくあります。

高い給料を払ってくれるところに能力のある講師が流れていく可能性は高いでしょう。
十分な留学資金がある人はこういう高い学校に申込んでも別に良いと思います。


でもね・・・


それでも尚、格安の語学学校に通って、ローコストなロンドン留学を提案するのには理由があります。


英語を学ぶのは語学学校!って決めつけていませんか?
だからこそ語学学校こそ一番大事って思い込んでいませんか?


いや、正確には「思い込まされている」が正しいかも知れませんね。

だってどこの留学エージェントを見てみても、留学説明会に行ってみても、


「とくかく高くても質の良い語学学校に通うことが一番大事です。

それがあなたの成功留学の第一歩です・・・」

みたいなノリですからね。特に有名で雑誌やインターネットの広告をはじめとする各種メディアに頻繁に登場する留学エージェントにその傾向が強いです。

つまりあなたがよく目にするところで揃いも揃って大きな声でこんなこと言われるわけですから、

留学したことのない、現地の事情がよく分からないあなたが、「そんなもんか」と思い込まされて

しまうのは当然です。

「ああ、またか・・・」


僕はこういう宣伝文句を見るたびに正直うんざりします。

僕が今ある有名な留学エージェントに違和感を覚える最大の理由はここにあります。

いや、確かに間違っているわけではないですよ。そういう一面もありますし、そういう考え方もあるでしょう。

でもそれが全てではありません。

あたかもそれだけが真実であるかのように語られるのは、
まるでそれこそが常識であるかのように語られるのは、
僕にはおかしいと思わざるを得ません。


留学エージェントとしては高い語学学校に申込んでもらったほうが儲かります。
当然あなたに高い語学学校に申込んでもらったほうが良いわけです。

それはよく分かります。

ただ僕には、全ての人に高い語学学校が必要だとは到底思えません。


何度でも言いますが、英語は語学学校だけでは習得できません。


平均的な語学学生の1日の授業の時間は3時間です。週15時間。
いわゆるフルタイムの学生という条件を満たす基準ですね。


学生ビザを申請するには、最低週15時間の授業を受ける必要があります。
さて、週15時間の英語の授業だけで、英語が喋れるようになるのでしょうか?


答えはもちろん NO!です。


いや、絶対にNO !とは言いませんが、十分ではないと思います。

これでみんな喋れるようになるのなら、駅前留学でいいのです。
何も海外に来る必要なんてないですよね?


日本にいながらにして英語が喋れるようになっているはずです。
でも喋れるようになりましたか?

もちろん語学学校は大事ですが、あくまで英語環境の1部に過ぎません。
1日3時間だけです。全てではありません。


むしろ大事なのは、学校が終わった後です。

●気の合う友達とパブに飲みに行く
●学校の講師と一緒にご飯を食べにいく
●アルバイトにトライして現地人と働いてみる
●フラワーアレンジメント、アロマテラピーなどの習いごとをしてみる


こういう時間の中からこそ本当に使える英語が身に付くのだと思います。

これは僕の経験からも、僕がロンドンで見てきた留学生からも言えることです。

僕の場合はロンドンの美容室で働きながら英語を覚えました。
もちろん語学学校にも行きましたが、美容室で学んだことのほうが多いです。

お客さんのシャンプーをしながら日常会話をする。
英語圏のスタッフと一緒に働きながら馬鹿話をする。

これが何よりの勉強でした。実際に普段使われている
英語なので使える表現だらけです。

それらを真似すれば良いわけですからね。遥かに効率が良いです。

冷静になってちょっとだけ考えてみてくださいね。

「英語を喋れない人だけがこぞって集まる語学学校に行くこと」



「英語ネイティブと一緒に遊んだり、一緒に働いたり、一緒に習い事をすること」

どっちが英語の勉強になると思いますか?

別に語学学校がダメって言っているわけじゃないですよ。

ただ、語学学校というものの存在自体、こういう宿命を
背負っているということは早く理解すべきだと思います。

もちろん語学学校も大事です。存分に利用しましょう。
でも語学学校以外の時間はもっと大事です。

ロンドンの街全体が大きなキャンバスです。生きた英語はどこでだって勉強できます。

だから語学学校に過剰な期待をしたり、語学学校が一番大事だなんて思わないで欲しいのです。

語学学校に英語を「教えてもらう」んじゃなくて、英語を使う環境を自分で作るんです。

一番大事なのはこういう姿勢・心構えです。

「語学学校は英語環境の一部。うまく利用してやろう。」

このくらいの気持ちでちょうど良いと思います。


じゃあ、一体どんな語学学校があるの?


格安の語学学校に通ってみたいとは思うけど、
そうは言ってもどこの学校に行けば良いのか分からない。

ごもっともです。

そんなあなたのためにロンドンの格安語学学校をご紹介します。

2009年3月31日よりビザ申請のルールが変更になり、ホームオフィスが発行するライセンスを取得していない学校に申し込んでも学生ビザがもらえなくなりました。これにより、留学生 (Student)として英国への入国審査を申請する場合、留学先の教育機関が必ずこのリスト(Register of Sponsers)に登録されていることが条件になり、もし未登録であれば、ビザの申請が拒否されます。

ローコストロンドン留学が紹介しているのは全てRegister of Sponsers に登録されている語学学校です。つまり学生ビザが取得できる語学学校ということです。



それでは早速見ていきましょう!




ローコスト
格安かつしっかりとした語学学校を希望するひとに。
全てブリティッシュカウンシル認定校(BC認定校)です。


ファンタスティック

お金がかかってもいいから納得できる語学学校で
勉強したい というひとに。名門校・伝統校。


※ 授業料は全て£1= ¥175として計算してあります。実際の料金は為替相場によって変動します。掲載されている授業料は一例です。コースの期間、午前・午後等の時間帯によって料金が変わります。授業料の他に登録手数料(入学金)がかかる場合があります。



いかがでしょう?


僕たちがお薦めする格安語学学校で英語を学んでみませんか?


そして格安でロンドン留学を楽しんでみませんか?


「興味はあるけど、英語できないし自分で申込むのは不安だな」


と思いましたか?


ご心配はいりません。申込はあなたに代わって僕が行います。こちらから学校側に入学申請、支払いをいたします。そして学校側から入学許可証(通称スクールレター)を送って貰います。

あなたがするべきことは、送られてきたスクールレターと必要書類を持って、ビザ申請センターへビザを申請に行くだけです。費やす時間はわずかです。

学校の申込みに頭を悩ませることも、無駄に時間を取られることもありません。その他の留学準備のためにあなたの貴重な時間をお使いください。

ここに載っている語学学校じゃなければ手配できないなんてことはありません。それ以外の語学学校への申込みももちろん可能です。イギリスのほとんどの語学学校への申込みが可能です。すでに行きたい語学学校が決まっている場合はその学校の手配をいたしますのでご相談ください。




「ところで料金はいくらなの?」


という声が聞えてきそうなのでご説明しましょう。

例えば1年間のGolders green collegeへの語学留学。

568,125円でご提供します。

もう1度いいますね。

1年間の学費、入学金、煩わしい申込手続き代行料金、
入学後のサポート料金を全て含めて

568,125円にてご提供します。


(※航空券代金、現地での生活費等は含まれておりません)


【料金システム】

ローコストロンドン留学では料金をはっきりと明示しています。
わけの分からない費用は一切ありませんので、納得してからお申し込みください。

■入学手続き代行料 ¥30,000
■サポート料金
3ヶ月まで
¥35,000 
6ヶ月まで
¥45,000
12ヶ月まで
¥65,000
■国際送金手数料 ¥5,000


サービス料金は以上のような料金体系になります。
全て税込み価格です。

これにプラスしてご希望の語学学校の学費、宿泊費(希望者のみ)等を
一緒にお支払いいただくことになります。

※3ヶ月までのサポートの場合はビザ申請サポートは含まれません。学生ビザの申請サポートが必要な場合は6ヶ月まで又は12ヶ月までのサポートを選択してください。

(例)Golders green collegeへ1年間留学した場合の料金

(2014年6月1日現在)

----------------------------------------------------------------

授業料 £2,630

登録手数料(入学金) £45

入学手続き代行料 ¥30,000

サポート料金 ¥65,000

国際送金手数料 ¥5,000

----------------------------------------------------------------

合計:¥568,125

※£1=¥175で計算した場合の価格です。料金は為替相場によって若干変わってきます。実際の料金はお申込み時の三菱東京UFJ銀行の為替TTSレートを参照して決まります。




実は安いだけではないんです・・・



【ローコストロンドン留学の7つの安心サポート】


ローコストロンドン留学は、ただ単に「安いロンドン留学」を提供しているだけではありません。

あなたに安心して留学生活を送っていただくために、強力なサポートをご提供しています。

僕たちは実際に自分がロンドンに留学してみて実感した欲しかったサポート、 つまり
本当に必要だと感じたサポートだけを厳選してご提供しています。是非活用してください。

1:現在発売中の『激安ロンドン留学マニュアル』プレゼント

ダウンロードしてお読み頂けるこのe-bookを無料で差し上げます。フラット(アパート)の探し方から、アルバイトの見つけ方、イギリスの履歴書の書き方、ロンドンでオークションを使って稼ぐ方法、その他、物価の高いロンドンにおいてビックリするほど安く暮らす方法など、余すところなく書いています(全115ページ)。通常14,800円(先行100名までは¥9,800)にて発売しているものです。何も知らずにロンドン留学を始めたとしたら、僕がそうであったように無駄なお金を使い続け、貴重な貯金を浪費することになるでしょう。

逆に、このマニュアルを読んでからロンドンライフを始めたら、留学初期にありがちな遠回りをせずに、いいスタートを切れるはずです。是非使い倒してくださいね。


2:留学準備中・滞在期間中のメールサポート

初めてのロンドン生活に不安な方もいるでしょう。特に友人ができるまでの留学初期のころは、分からないことが多く戸惑うこともあるかと思います。そんな時はメールで相談してきてください。僕はロンドンでたくさん失敗してきました。うまく行かなかったひとも数多く見てきました。その逆に、日本ではできなかった素晴らしい経験もたくさんしました。僕の3年間のロンドン留学経験は、きっとあなたのお役にたてると自負しております。

また留学の準備期間中、分からないことも色々でてくると思います。

●留学保険はどれが良いの?

●留学期間中、日本の住民票はどうするべき?

●日本から持ってロンドンに持って行くべきものは何?

●ロンドンでインターネットするには何をもっていけばいいの?

などなど。分からないことは何でも聞いて下さい。

お申し込みされてからご出発までの留学準備中、さらにロンドンに着いてからの留学期間中、メールにてサポートいたします。


3:スカイプ(SKYPE)による電話サポート(人数限定!先着順)

インターネット電話であるスカイプを使いますので、パソコンとインターネット環境さえあれば、世界中どこでも通話料無料にて話すことができます。メールでは伝えにくい問題、電話で相談したいような悩み等ございましたら是非SKYPEサポートをご利用ください。お申し込みされてからご出発までの留学準備中、さらにロンドンに着いてからの留学期間中、メールとともにSKYPEでもサポートいたします。

ただしあまりにも申込みが多くなってしまうと、満足のいくサポートが続けられなくなる可能性があります。僕たちは大手ではありません。マニュアルに沿った不特定多数に対するサポートではないのです。従ってこのSKYPEサポートはあまりにも多くの方がご希望された場合、機能しなくなる可能性があるのです。ひとりひとりのサポートに十分対応できなくなると判断した時点で、新規の方のSKYPEサポートは打ち切らせて頂くことになります。だから先着中にしたのです。僕たちを信用して申しこみをされた方にいい加減なサポートをするわけにはいかないのです。

今ならまだこのサポートをご提供できます。

4:学生ビザ申請サポート

イギリスに6ヶ月以上留学するためには、出発前にイギリス大使館で学生ビザ(エントリークリアランス)を取得しておかなければなりません。しかしビザ申請用紙を英語で記入するのはなかなか難しいことです。どうやって書いて良いのか分からないところもたくさんあります(経験済です)。

そこで僕たちはビザ申請用紙(VAF9とPBS Appendix8)の書き方のサンプルをご用意しました(2009年3月31日に変更された新しいビザ申請用紙に対応しています)。僕が実際にビザ申請時に使ったものと、僕たちのお客様が実際に使用したものを元に作成したサンプルです。つまり非常に実践的で使えるサンプルです。このサンプルを参考にしてどんどん書き進めていってください。分からないところはメール、電話、スカイプなどを利用してお問い合わせください。個別にお答えしていきます。ローコストロンドン留学のお客様のビザ取得率は100%です。安心してご相談ください。

【重要】2009年3月31日以降、ビザの申請方法が変わりました。学生ビザの申請用紙もVAF3からVAF9とPBS Appendix8の2種類に変わり以前より複雑になりました。僕たちがお渡しするのはVAF9に対応した最新のサンプルです。ローコストロンドン留学のお客様は、新ルール適用後もも何名もビザを取得されていますのでご安心ください。もちろん新ルール適用以降もビザ取得率は100%です。

5:ロンドン留学コミュニティーサイトにご招待

インターネットでアクセスできる、ロンドン留学のコミュニティーサイトにご招待いたします。その名も『激安ロンドン留学サポート』。ローコストロンドン留学でお申込み頂いた方限定のコミュニティーサイトです。このコミュニティーを利用してどんどん情報交換してください。既にロンドンで生活している人も、これから準備を始める人も参加しています。

ひとりが持っている情報には限りがあります。同じロンドン留学生同士で最新の情報をシェアし合うことで情報の質はどんどん高まります。情報というものはどんどん古くなっていくので、常に更新していく必要があります。現地で留学しているからの最新情報もフィードバックしていますので非常に使える情報源になるはずです。おおいに活用してくださいね。僕も参加しています。

6:留学情報メールレポート配信

イギリスの留学事情は非常に流動的です。特にここ最近はビザ関連のルールをはじめよく変わります。そういった変化にも対応できるよう、最新の情報やお得な情報をメールレポートという形で不定期で配信していきます。

週刊で発行しているメールマガジンとともにお楽しみください。


7:現地スタッフによるロンドンミーティング

僕たちの提供しているサポートのなかでもとりわけ好評なのが、ロンドンに着いてすぐに行われるロンドンミーティングです。留学で一番不安なのはロンドンに着いたばかりの頃です。右も左も分からない、知り合いもひとりもいない・・・

ロンドン留学への期待と同時に不安を抱くひとも多いでしょう。

そこで僕たちは、到着後1週間以内にロンドン在住の日本人スタッフと直接お会いできる機会を設けています。分からないことはその場で面と向かって何でも聞いて下さい。ロンドンの生の情報を手に入れられるというのはもちろん、安心できるという理由でも好評です。ご家族やお友達も安心されるのではないでしょうか。

ロンドン在住スタッフがあなたの質問にお答えしたり、以下のようなサポートや情報を提供いたします。


携帯電話購入サポート

ロンドンに着いて真っ先に用意したいのは携帯電話です。日本にいるご家族やご友人との連絡手段を確保することは重要です。さらにフラット探しの際にも携帯電話は必需品です。なるべく早く手に入れたいところです。
ロンドンの携帯電話は日本と異なります。ミーティングの際に、ロンドン在住スタッフがあなたと一緒にお店に行き、適切な携帯電話を購入するお手伝いをいたします。利用の仕方もその場でお教えします。

フラットの情報提供

ロンドンでフラットを探すためのアドバイスを致します。どのようにフラットを探すのか、フラット探しの際の注意点、住んでみて分かる危険なエリア等の治安情報を提供します。

地下鉄、バス等交通機関についての情報提供

ロンドンのメインの交通手段は地下鉄(Tube)とバスです。チケットの買い方、学割の利用の仕方、定期券の買い方、プリペイド式のオイスターカードの利用の仕方等をお教えします。

インターネットカフェについての情報提供

日本語で読み書きができるインターネットカフェの情報をご提供します。
ご家族、ご友人、大切な人を安心させる意味でも適切なインターネット
環境は早めに手に入れたいものです。

日本人ネットワークの有効活用法のご案内

ロンドンで生きるとは言っても日本の情報は必要です。ロンドンで暮らすからこそ日本人ネットワークが必要になる場面もあるのです。フラット探し、アルバイト探し、テレビや家具等の売買情報等、日本人ネットワークを有効活用することによって無駄なお金をかけずに賢く暮らせます。有効なネットワーク活用法をお教えします。

医療情報提供

イギリスの医療システムは日本と違います。万が一の際に備えて病院や医療の知識をご提供します。


これらはあくまで一例です。その他分からないこと、不安なことは何でもご相談いただけます。ロンドンで実際に暮らしている生活力のあるスタッフです。きっとあなたの力になれると信じております。

以上がローコストロンドン留学がご提供しているサポートです。

いかがでしょうか?

申込んだらもう終わりというのではなく、あなたの留学生活をサポートさせて頂きたいという意志が伝わったでしょうか?

よく見かける、数だけ多くて中身がない"形だけのサポート"には絶対にしたくない、という僕たちの理念をご理解頂ければ幸いです。


いまお申し込み頂ければ、上記7つの安心サポートをもれなくご提供できます。

ちょっと言い方は悪いですが、そこらへんの大手留学エージェンとには絶対に負けないサポートをする自信があります。

彼らは留学のプロということになっていますが、

●はたして何人がひとがロンドンに3年間も住んでいたのでしょうか?
●はたして何人のひとが現地の美容室で働いたことがあるでしょうか?
●はたして何人のひとが履歴書(CV)の書き方を知っているでしょうか?
●はたして何人のひとが中古の自転車を安く買える方法を知っているでしょう?
●はたして何人のひとがロンドンでライブをしたことがあるでしょうか?
●はたして何人のひとが安く部屋を借りる方法を知っているでしょうか?
●はたして何人のひとがロンドンで救急車を呼んだことがあるでしょうか?
●はたして何人のひとが不動産屋とのトラブルを解決した経験があるのでしょうか?


僕は全てに該当しますが、
あなたの周りの" 留学のプロ "の方、ロンドンライフの経験値は十分ですか?


そして一番大事なことですが、

あなたの周りの" 留学のプロ "の方 、

本当に現地の留学生が必要としていることを理解していますか?

「ロンドンにちょっと行ったことがある」


くらいじゃ分からないことがたくさんあるんです。


「ロンドンにちょっと住んだことがある」


くらいじゃ解決出来ない問題ってたくさんあるんです。


ロンドン生活の経験と知恵について、そして現地の留学生が本当に必要
としていることを理解する心については "自称留学のプロ" には絶対に負けません。

留学までの準備や、ロンドンでの生活で困った際には是非ご相談くださいね。

【お支払いいただく料金に含まれるもの】

●授業料
●入学金(登録手数料)
●学校申込代行手数料



●7つの安心サポート料

1、ロンドン激安留学マニュアルE-BOOK(¥14,800相当)
2、留学準備中・滞在期間中のメールサポート
3、スカイプ(SKYPE)による電話サポート(人数限定、先着順!)
4、学生ビザ申請サポート
5、ロンドン留学コミュニティーサイトにご招待
6、留学情報メールレポート配信
7、現地スタッフによるロンドンミーティング


調べて頂ければわかると思いますが、1年間のロンドン留学とこれだけのサポートを、この価格を提供できるところは他にないと僕は確信しています。

急かすつもりは全くありません。

よく考えて下さい。


ただ僕たちは大手ではありません。機械的に仕事をこなすようなことはできませんし、したくもありません。ひとりひとりのロンドン留学をしっかりとお手伝いしたいと考えているような、どちらかというとかなりアナログで人間くさい留学エージェントです。

このようなスタイルをとっているので、必然的にサポートできる数には限界があります。

お申し込みいただいた方々のサポートに影響がでると判断した時点で、新規の方のお申し込みはお断りすることがあります。


もしあなたが本気でロンドン留学を考えていて、もしその大切な留学生活のための本当に使えるサポートを本気で望むのであれば、限定数に達する前に、遅れずに申込んでくださいね。




3ヶ月、6ヶ月等、最短1週間からの短期留学も取り扱っています。

お値段が変わってきますので、詳細はメールにてお問い合わせください。

このサイトに掲載されている語学学校しかご紹介できないわけではありません。それ以外の語学学校への申込みももちろん可能です。イギリスのほとんどの語学学校への申込みが可能です。

語学学校の値段によって料金が変わってきます。
見積もりをお出ししますのでまずはお気軽にお問い合わせください。

また留学斡旋会社の詐欺にあってしまいサポートが受けられなくなってしまった、という方もいるかも知れません。そんな方も遠慮なくご相談ください。

その他ご不明な点などございましたら遠慮なくどうぞ。

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
Skypeでのお問い合わせ
(営業時間 10時から20時)
050-7129-7098
Skypeを利用している方は
世界中から通話無料です。
Skype ID:gpanmania
ログイン中ならいつでもご連絡してきて頂いて結構です。




最後に

ロンドンには楽しいことがたくさんあります。
ただ物価の高さは半端ではありません。

節約できるところはできるだけお金をかけない。

そして自分の好きなことのためにお金を使う


これがロンドンライフを最大限楽しむコツだと思います。

ロンドンは逃げません。
ただ長い間愛され続けているだけです。
これからも世界中の人々に愛され続けていくでしょう。

あなたもロンドンライフを始めてみませんか?

扉を開けばきっと今まで見えなかった世界が目の前に広がっていくはずです。

ロンドンへの扉をいま開くのか?

それとも閉ざしたままにしておくのか?

決めるのはあなたです。

扉は、ご自身の決断で開いてくださいね。

最後になりましたが、あなたのロンドン留学が実りのあるものになることを祈っています。

そしてあなたの新しい人生の第一歩。お手伝いできれば嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。



P.S. ここまで読んでもし迷われているのなら遠慮なくお問い合わせくださいね。無理にお勧めするつもりは全くありませんのでご安心を。ただお問い合わせすることによって、不安や疑問が少しでも解決するのなら利用したほうがお得です。

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
Skypeでのお問い合わせ
(営業時間 10時から20時)
050-7129-7098
Skypeを利用している方は
世界中から通話無料です。
Skype ID:gpanmania
ログイン中ならいつでもご連絡してきて頂いて結構です。


P.P.S. 僕たちが大手ではないということを忘れないでください。焦って申込む必要は全くないのですが、サポートできる人数には物理的な限界があります。サポートが追いつかなくなると判断した時点で予告なく新規の申込みを締め切ることがありますので、その点だけは予めご了承ください。


P.P.P.S. 夢のある人、やりたいことがある人はロンドンに向いていると思います。そういう人が集まる街なので。僕の夢のうちのひとつはロンドンで叶えられました。次はあなたの番ですよ。

夢を持ったあなたを、チャレンジするあなたを、応援します。


ローコストロンドン留学 代表 井ノ口英昭



トップページ | どこが違うの? | プロフィール | 留学の流れ | サービスと料金 | サポート |
語学学校 | 滞在先 | よくあるご質問 | 留学体験者の声 | お問い合わせ | 資料請求 | お申し込み |

copyright (c) 2006-2015 Lowcost London Ryugaku all rights reserved.