滞在先

ローコストロンドン留学ではホームステイと寮の手配を行なっています。

1. ホームステイ

語学学校が提携しているホストファミリーをご紹介することになります。
部屋のタイプ(1人部屋・相部屋)、ご飯の有無などの条件によって料金が異なります。
学校によっても異なりますが、目安としては週180~220ポンドくらいです。

手配料(学校に支払う代金)が50ポンドほどかかります。 ホームステイには当たり外れがありますが、ホームステイに力を入れている学校もあります。学校にホームステイなどの生徒の宿泊先の手配を専門とするスタッフを置いているような学校です。こういう学校であれば外れは少なくなります。ホームステイをする場合には、まずは短期間から手配されることをお勧めしています。実際に滞在してみて、気に入ったら延長するのが良いと思います。それが最もリスクが少ない方法になります。

2. 寮

学校が運営している寮と、学校が手配している寮があります。
ホームステイに比べ割高です。
ご飯はつかず、自炊するところがほとんどです。

目安としては、週250ポンド以上、
学校内のある寮だと週300ポンド以上という感じです。

【滞在先のイメージ】

(短期留学の場合)留学期間中ずっとホームステイ(または寮)に宿泊

(長期留学の場合)最初の2週間~1ヶ月ほど上記滞在先に宿泊→その後は自分で現地でフラットを探しシェアする。

ロンドンに着いてから自分でフラットを探すことなんてできるの?

– はい、できます。

サポートの一環としてお渡ししている『激安ロンドン留学マニュアル』に
フラットの探し方について詳しく書いてあります。
それを参考にしながらロンドンに着いてから自分でフラットを探せば大丈夫です。

ロンドンではフラットシェア(シェアハウス)が一般的です。

一軒家に4部屋とキッチン、バス、トイレがあり、4人でシェア。
一人に1つ個室があり、キッチン、バス、トイレをシェアする
というようなものが一般的です。

うちに来られる長期留学の方の場合、最初の間だけ日本から滞在先を予約しておいて、
現地に着いてからマニュアルを参考に自分でフラットを探されるケースがほとんどです。

早くフラットシェアを始めるというのは、無駄なコストをかけずに
ロンドンで生活するにあたっては非常に重要になります。
門限もありませんので自由な生活ができます。

ホームステイより、フラットを借りて自炊したほうが
食費は抑えられます。ストリートマーケットや
スーパーをうまく利用すれば食費はかなり抑えられます。

またロンドンにある日本人経営の不動産屋とも提携しているのでご紹介できます。

契約した場合には手数料として家賃の一週間分かかってしまいますが、
希望の条件の物件を探してくれるので楽です。
万が一大家とトラブルになった際にも間に入ってくれるというメリットもあります。

ホームステイには当たり外れがあるの事実ですが、
いいファミリーに当たると楽しい経験ができます。

うちのお客さんでも、以前利用したホームステイ先の
ファミリーと仲良くなり、留学後も関係が続き、
イギリスに旅行するたびに会いに行っている方もいらっしゃいます。

イギリスのリアルな生活が見られるのもメリットです。
もちろん英語の勉強にもなります。

僕たちは最初はホームステイをしてみることをオススメします。

2週間〜1ヶ月の短期間ホームステイしてみて、
気に入ったら延長し、フラットシェアしたければ
フラットを探せばいいと思います。

外れたら外れたで、

「これも経験」「ネタができた!」

くらいに捉えて楽しむメンタリティーが必要です。

そんなにひどいファミリーに当たったお客さんはいないですけどね。