Golders Green College
website http://www.englishlanguagecollege.co.uk/

41カ国の生徒が集まるフレンドリーな環境のなか英語が学べる語学学校。講師陣のレベルの高さには定評があります。ほとんど宣伝をしていないのに口コミで入学者が絶えないのがその証です。ロンドンの中でもでも綺麗な街並が広がる人気のエリアGolders Greenにあります。セレブが多く住んでいる高級住宅街のハムステッドにも程近い治安の良いエリアです。静かな環境のなかで落ち着いてゆっくり英語を学びたい人におすすめです。若い方はもちろん、年配の方にもお薦めできる学校です。

British Council認定校、English UK加盟校
設立年:1941年
生徒数:約250-350人(年間申込生徒数は約1,000人)
最寄駅:Golders Green
コース:一般英語、ビジネス英語、IELTS、ケンブリッジ検定、インターンシッププログラム、英語+レジャーコース(アロマセラピー、フラワーアレンジメント)など。
学生の主な国籍:西・東欧(イタリア、スペイン、ポーランド、ハンガリー、スロバキアなど)(39%)、トルコ(14%)、日本(13%)、ブラジル(10%)、イラン(9%)計41カ国(2008年4月時点) ※生徒比率は常に変動します。あくまで参考程度に留めてください。
一般英語
週15時間

週24時間
午前15時間+週9時間午後

週30時間
午前15時間+午後15時間
週15時間一般英語
+週5時間個人レッスン

IELTS/ ケンブリッジ検定
1週間
£230
£402
£493
£361
4週間
£568
£807
£989
£1,162
8週間
£888
£1,137
£1,394
£2,159
12週間
£1,150
£1,501
£1,840
£3,156
一般英語コースと同額
24週間
£2,180
£2,961
£3,629
£6,023
1アカデミックイヤー※
£2,630
£4,162
£5,100
£8,900
Full Year(48週間)
£3,110
£4,806
£5,890
£11,500
 

※36週間の授業+16週間のホリデーがセットになった1年間のコース。
コースは最短1週間から48週間まで週単位で受講可能です。他にもコースがあります。詳細な料金表はこちらからダウンロードできます。
入学金45ポンドが別途かかります。

Single
Shared room
自炊
£130
£120
朝食付き
£145
£135
朝・夕食付き
£175
£165
Accommodation booking fee(学校に支払う手数料)
£30

ホームステイの場所は学校から45分以内の場所です。
学校から近いとは限りません。
またステイ先は学校が手配します。どこになるのかは分かりません。

Single( 1人部屋)
£130
Twin( 2人部屋)
£120
Triple( 3人部屋)
£110
Quadruple( 4人部屋)
£100
Accommodation booking fee(予約料)
£40

※いずれの部屋も毎日の朝食、月〜木の夕食付き

詳細な料金表はこちらからダウンロードできます。


Golders green collegeへは2008年10月22日に訪問してきました。

この学校の良いところとしては以下のようなことが挙げられます。

●治安がいい
●街が暮らしやすい
●先生があまり変わらない
●先生のレベルが高い
●午後のフリーレッスンが受けられる
●一般英語クラスから試験対策クラスへ差額なしで移行可能
●何気に伝統校(設立は1941年。つまり65年以上安定経営している学校)
●ホームステイのレベルが高い

などです。

このエリアは治安がよく、またイギリスらしい綺麗な街並みもあります。セレブが多く住むハムステッドからも程近い人気のエリアです。
スーパーなどもあるので街自体が暮らしやすくかつ交通の便が良いのも人気の理由として挙げられると思います。

この学校には長く勤めている先生が多いです。3年とか5年とかそういう先生もいます(なかには10年選手も!)。これはこの学校の労働条件が良いということだと考えられます。先生がなかなか変わらないというのは生徒にとってもメリットが大きいです。せっかく慣れて打ち解けて仲良くもなったのに、その瞬間にいなくなるということは実によくある話なんです。実際多くの語学学校では数ヶ月でいなくなる先生が多いんですね。ヘッドハンティングが当たり前の社会なので。

しかし先生が辞めなければ半年(1年)など長期を通じて同じ先生の授業を受ける(またはクラスが変わったとしても常に会うことができる)ので先生も生徒の成長を見届けることができますし、生徒もより密な関係をつくることができます。 こういう学校が実は少ないのでとても貴重だと感じました。

また口コミで入る生徒も多いそうです。あまり宣伝していないのに勝手に生徒が集まる。ある意味理想です。
当然ですが良い評判がなければ口コミは起こりません。

この学校には教師育成コースがあります。ここの先生は生徒を教える資格を持っているのはもちろん、先生を教える資格を持っている人もいます。 先生を教える資格を取るのは「生徒を教える資格」よりさらに上の資格になります。ですから他の学校では持っていない資格を持っている先生がいるということです。
だからこそこの学校には「教師育成コース」があるんですね。

この学校では午後の時間にフリーレッスンが受けられます。午前に授業を受けてさらに希望すれば午後にもレッスンが受けられるってことです。追加料金はかかりませんので午前の分の授業料だけ払えばOKです。 これは「教師育成コース」があるからです。つまり「先生の卵」の授業を受けることができるわけです。

先生は授業の実習が必要です。だから生徒として受講してくれる人が必要になります。だからこそ無料で授業が受けられるわけですね。 お互いにメリットのある良い制度だと思います。「教師育成コース」があるこの学校ならではだと思います。

一般英語クラスでUpper-Intermediate修了レベル以上になれば、差額なしでケンブリッジ英検FCE対策かIELTS対策コースに移行ことができます。
通常、試験対策コースの授業料は一般英語コースより高額になり、移行するには差額分を支払わなくてはいけません。ですがこの学校の場合はその必要はありません。これらの点を考慮するとこの学校は実はとてもコストパフォーマンスが良いです。

格安校(2013年1月の為替レートで年間39万円程度)ではありますが何気に伝統校です。設立は1941年。つまり65年以上営業しているということです。格安校のなかでは断トツで長い歴史を持った学校と言えます。これはつまり安定経営をしているという証拠です。激動の時代を65年以上も生き抜いて来たわけですから。だからこそ口コミも多くなるのでしょうね。

ご存知の通り、現在は世界的な経済危機に直面しています。倒産する語学学校もこれからもっと出てくるかもしれません。そんな時代だからこそ「安定経営をしている語学学校」というのは学校選びの際の大切な基準になると思います。

またホームステイのステイ先のクオリティーが高いです。僕は基本的にあまりホームステイをおすすめしていません。理由は当たり外れがあるからです。でもここのホームステイは良いと思います。学校にアコモデーション専用のスタッフがいるので全てのホストファミリーを学校が直接管理しています。

全てのステイ先を訪問していますし、評判が悪いホストファミリーとは契約を打ち切ります。その結果利用者の満足度が極めて高いです。本当は一ヶ月の予定だったにも関わらずステイ先を気に入りすぎて延長を繰り返し半年間も住んでいる人もいるそうです。人気がありすぎて「空きがない」ことがあるのが悩みだとか。

ホームステイには懐疑的でしたが、この学校ならホームステイをしても良いかもしれないと少し思いました。ホームステイを希望している人にはこの学校であればおすすめできます。

こんなところでしょうか。スタッフもフレンドリーでしたし、費用は抑えつつ良い環境のなかで勉強をしっかりしたいっていう人にはお薦めです。治安も良いですし特に初めて留学する方、特に女性にはお薦めできる学校だと思います。

2009年、ローコストロンドン留学一押しの語学学校です。

(注意)この学校は2013年1月現在日本人が多くなっています。良い学校ですしうちのお客さんにも人気があるので当然なのですが、日本人の数を気にされる方は注意が必要です。

copyright (c) 2006-2010 Lowcost London Ryugaku all rights reserved.