ロンドン語学留学エージェント 格安語学学校の手続き・サポートいたします。

ローコストロンドン留学体験者の声

1. ホームステイ 2. ゲストハウス

ローコストロンドン留学ではホームステイの手配ができます。
ゲストハウスに関しては日本人専用のところをご紹介しますのでご自分で手配していただいています。

1. ホームステイ

語学学校が提携しているホストファミリーをご紹介することになります。
部屋のタイプ(1人部屋・相部屋)、ご飯の有無などの条件によって料金が異なります。
目安としては週170〜190ポンドくらいです。

手配料(学校に支払う代金)が35〜50ポンドほどかかります。 ホームステイには当たり外れがありますが、ホームステイに力を入れている学校もあります。学校にホームステイなどの生徒の宿泊先の手配を専門とするスタッフを置いているような学校です。こういう学校であれば外れは少なくなります。ホームステイをする場合には、まずは短期間から手配されることをお勧めしています。実際に滞在してみて、気に入ったら延長するのが良いと思います。それが最もリスクが少ない方法になります。



2. ゲストハウス

日本人がやっているゲストハウスなので安心というのが魅力です。
またゲストハウスによっては晩ご飯が付くところもあります。
ワイヤレスでインターネットが使えるのでネットを重視する方にも支持されています。
男性用と女性用の部屋に分かれていて、部屋のタイプは基本的にドミトリー(相部屋)になります。

男性の方は女子寮には泊まれないためゲストハウスに宿泊されると良いと思います。

【滞在先のイメージ】

(短期留学の場合)留学期間中ずっと上記滞在先に宿泊

(長期留学の場合)最初の2週間〜1ヶ月ほど上記滞在先に宿泊。→その後は自分で現地でフラットを探しシェアする。



ロンドンに着いてから自分でフラットを探すことなんてできるの?

- はい、できます。

サポートの一環としてお渡ししている『激安ロンドン留学マニュアル』にフラットの探し方について詳しく書いてあります。
それを参考にしながらロンドンに着いてから自分でフラットを探せば大丈夫です。

ロンドンではフラットシェアが一般的です。

僕たちのお客様の場合、最初の間だけ日本から滞在先を予約しておいて、現地に着いてからマニュアルを参考に自分でフラットを探される方がほとんどです。

早くフラットシェアを始めるというのは、無駄なコストをかけずにロンドンで生活するにあたっては非常に重要になります。
門限もありませんので自由な生活ができます。

ホームステイ先の「美味しくない可能性の高い料理」を食べるより、自炊したほうが格安かつ健康的な食事がとれると思います。
ストリートマーケットや、スーパーをうまく利用すれば食費はかなり抑えられます。

またロンドンにある日本人経営の不動産屋とも提携しているのでご紹介できます。
契約した場合には手数料として家賃の一週間分かかってしまいますが、希望の条件の物件を探してくれるので楽です。
万が一大家とトラブルになった際にも間に入ってくれるというメリットもあります。

費用を抑えるため、自由な生活を手に入れるため、当社ではフラットシェアをおすすめしますが、
もちろんご希望であれば長期ホームステイ・女子寮・ゲストハウス滞在も可能です。

copyright (c) 2006-2009 Lowcost London Ryugaku all rights reserved.