なぜ「いま」留学なのか?

なぜ「いま」留学なのか?

こんにちは。
ローコストロンドン留学代表の井ノ口です。

僕はロンドンに3年間住んでいました。
日本を離れて分かったことがあります。

日本という国の素晴らしさ、
日本人の能力のポテンシャルの高さです。

日本人って本当に優しいし、
細やかな気遣いができるし、約束は守るし、
真面目だし、空気読んでくれるし、
察してくれるし、本当に優秀だと思います。

もちろん贔屓の目で
見ていることは承知していますが、
実際問題、こういうことができる民族って
他にいないんじゃないでしょうか?

僕はロンドンで何十カ国もの
人々と触れ合ってきましたが、
日本人と同じような民族
には出会えませんでした。

でも、今の日本人は正直あまり好きではありません。

皆で足を引っ張り合っているように見えます。

一億総評論家と言われて随分経ちますが、
自分では何もしないで、人が何かをしたら、
頼まれてもいないのにエラそうに解説して評価を下して、
あいつはムカつくとか、嫌いとか、
大した事ない、とか言って盛り上がったり、

何か新しいことにチャレンジする人がいれば、
揶揄したり、揚げ足をとって邪魔をする人が沢山います。

そういうのを見ると
とても残念な気持ちになります。

自分の狭い凝り固まった
世界観で人を評価し批判する。
しかも自分のことは棚に上げて何もしない。

これってホント、相当格好悪いと思います。

原因のひとつは、あまりに
狭い世界に生きていること。

自分が好きなものしか見ないし、
好きなひととしか付き合わないし、
閉じた世界で生きている。

だから自分と異なるものを
拒絶・否定したくなるんだと思います。

視野があまりにも狭い。

日本という国が、日本人が好きだからこそ、
とても残念でやるせない気持ちになります。

日本人ってこんなにダサい
生き物だったんでしょうか?

こんなカッコ悪い、ダサい日本人を
僕は見たくありません。

僕はこの国にカッコいい日本人を
もっと増やしたいと思っています。

一度日本を出てみよう
日本がどれだけ良い国で、
どれだけ恵まれた国なのかは、
日本にいるとなかなか分かりにくいものです。

例えば、

日本のサービスがどれだけ素晴らしいのか。
修理を頼めば期限内に必ず仕上げてくる
ことがどれだけ「当たり前」のことではないのか。
和食がどれだけヘルシーでうまいものなのか。
何も言わなくても相手を見て察してくれる
ことが本当はどれだけレアなことなのか。

サービスが悪くて、納期はなかなか守られなくて、
地下鉄は全く時間通り来なくて、
高いお金を払わないとなかなか美味しいものに
ありつけない国、イギリスで暮らしたら、
日本のことがいろいろ見えてきました。

僕らが日本で当たり前に享受しているものは、

本当はちっとも当たり前じゃなかったんです。

そしてそのサービスを支えるのは、
日本人の勤勉さであり、
真面目さであり、
相手を察する能力です。

日本人のほとんどは、これが
どれだけすごい能力なのかを自覚していません。

”ひとは自分のことが一番分からない”

というのは昔から言われることですが、
自分を客観的に見るには、
外から眺めるように見るのが一番です。

日本を出て外国で暮らすと、
日本のことが客観的に見られるようになります。

外国人と一緒に生活したり、
一緒に飲んだり、議論したり、恋したり。
いろいろな経験をすることによって
身にしみて実感できることがいろいろあります。

日本を一歩出れば僕ら日本人は
東洋人のひとり、
アジア人のひとりとして見なされます。

英語がロクにできない、
伝えたいことの多くが伝えられない
というもどかしい気持ちで
日々生きる外国人のひとりです。

腹立つことも沢山あります。
不条理に感じることもいろいろあります。

日本でのキャリアも地位も関係なし。
肩書きがリセットされて、何も持たない
英語がうまくない外国人のひとりとして扱われるなかで、
いやがおうにも自分や自分のルーツと向き合うことになります。

そのなかでいろいろ見えてくるものがあります。

「当たり前に有給が取れて、5時になったら帰れるって素晴らしいなぁ」
「年上とか年下とか関係なく普通に意見が言い合えるってシンプルでいいなぁ」
「俺、日本の文化を何にも知らねーな」
「味噌汁って最強の食べ物だなぁ」
「ファジーとか散々言われてきたけど、相手を傷つけないように
やんわり伝えることって決して悪いことじゃないよなぁ」
「相手の気持ちを察するとか、空気を読むとか、
日本以外ではないんだなぁ。基本みんなKYだなぁ。」

などなど。

頭を使って考えることももちろん重要ですが、
自分の身体で実際に経験することがとても重要です。

実は日本ってかなり良い国なんだって気づけば、
もっと日本のことを誇りに思える人が増えるはずだし、
もっと日本を良くしたいと思う人が増えると思うし、
もっと深く日本のことを知りたいと考える人が増えると思うのです。

少なくとも僕はそうでした。

ロンドンに住むまでは、
それほど強く思ってはいませんでしたが、
留学後は、

「この時代に、日本に、日本人
として生まれて本当によかった」

と、心から思えるようになりました。

日本人であることに誇りをもっています。

日本しか知らずに日本だけに籠っているのではなく、
もっと世界を見て、もっと日本や自分たちの
ルーツや文化や歴史を知って、
自分たちを深く理解すべきです。

排他的で閉じた愛国主義ではなく、
外から客観的に見て、日本や日本人の
ポテンシャルの高さを理解することが大事です。

もちろん反対に日本の悪い所、
問題点、残念なところも
いろいろ見えてしまうと思います。

でもそれがスタートです。

欧米に憧れるだけの外国かぶれでもなく、
無批判に日本最高!と叫ぶのでもなく、
日本の良い所も悪い所もありのまま
全部見て、受け入れるのが第一歩です。

どこででも暮らせる人になる
僕は、ロンドンに留学したことによって、
日本の良さに沢山気づいてしまい、
日本大好き人間になってしまったので、
今後も日本に住むつもりです。

でももし何らかの理由で日本に
住めなくなってしまったとしたら、
僕はとりあえずロンドンに行きます。

実際そうするかどうかは別として、
「そういう選択肢がある」
という事実は安心感につながっています。

その時はその時で、どこへでも行けばいい。

まずロンドンを考えますが
別にイギリスでなくてもいいです。

スペインに住みたいなら
新しくスペイン語を学べばいいし、
インドネシアに住みたいなら
住みながらインドネシア語を学びます。

何とかなると思っていますし、
どうにでもなると思っています。

3.11以降いまだに収束しない福島第一原発ですが、
僕は震災直後の原発事故のニュースをみて、

「これはヤバい。東京にも
放射性物質が飛んでくる可能性があるな」

と思い、すぐに飛行機を調べました。

ロンドン行きの飛行機です。

「東京も危ない!」とニュースで
大々的に報道されたらパニックになり、
国外脱出を試みる人が殺到するはずなので、
今のうちに日本を出て様子を見た方が
いいかもしれない、と思ったからです。

ロンドンには留学していた時に
開いた銀行口座があって、
今でもお金は少し入れてあるので、
しばらくは暮らせます。

自分で住む家を探した
経験もあるので問題ありません。

1週間もかからず住む家を探すことができるでしょう。

何らかの理由で、今日いますぐにロンドンに行かないと
いけなくなったとしても何も問題もありません。

電波少年のプロデューサーに突然拉致されて
ロンドンに放り込まれたとしても無問題。

その日からすぐにロンドンでの生活をスタートできます。

ロンドンにもネット環境は整っているので
ノートパソコン一台あればすぐに仕事を再開できます。

「絶対に安全」というお話は全然絶対ではない、

ということが明らかになってしまった今、
自分の身は自分で守らなければいけません。

考えたくもない話ではありますが、
地震大国に住む日本人である以上、
新たな原発事故が起こる可能性は「常に」あります。

もちろんリスクは原発だけではありません。

地震そのものが大きなリスクです。
津波の恐ろしさも思い知りました。

日本で暮らす以上、
地震のリスクからは逃れられません。

もし首都直下型地震が起こったら
東京はどうなるのでしょうか?

日本の政治、経済は機能するのでしょうか?

また、少子高齢化の問題は
もうずっと前から問題とされていますが、
未だに解決される見込みはありません。

子供が生まれない以上、
今後日本が大きく発展するとは思えません。

残念ながらこれは事実だと思うんです。

2055年には日本の人口は
1億人を切ると言われています。

その一方で高齢者は増え続け、
若者が支えなければいけません。

現実的に考えれば、僕らの世代(1975年生まれ)や
それより下の世代は、年金なんてもらえない
(または受給できる年齢が果てしなく上がる)でしょうし、
医療保険もなりゆかなくなるでしょう。

自然災害なのか原発事故なのか、
それらに伴う前代未聞の経済危機なのか?

あるいは想像以上に日本が衰退して、
今までの当たり前が当たり前じゃなくなるのか?

とにかく、僕らが想像だにしないことが
起こる可能性がある、ということです。

その時、どうするのか?
考えておくことは大事だと思います。

そして考えるだけではなくて、
実際に準備をしておくことが大事です。

どこででも暮らせる人になっておくことは、
リスク管理という意味で非常に重要です。

やむをえない事態になったら
日本を出ることのできる準備が出来ているかどうか?

日本だろうが外国だろうが、自由に移動して
生きていけるようなサヴァイバル能力があるかどうか?

ここが分かれ目になると僕は考えています。

留学とは、海外生活を経験するということは、
サヴァイバル能力をつけることに他なりません。

そのツールとして必須なのが英語力です。

どこででも生きていけるために
最低限必要なパスポートのようなものです。

留学で得られるものは、

就活に有利になるとか、
TOEICのスコアが何点取れたとか、
そういう小さいものではありません。

世界のどこででも生きていけるような人なること。

これが留学の最大のメリットです。

留学はそのための練習です。

必要に応じて日本以外でも自由に移動して
生きていけるようなサバイヴァル能力。

これがこれからの時代を生きていく上で
最も必要な力だと思っています。

資格をたくさん取りまくったり、
いい会社に就職することより、
自分が最強になるのが最強です。

自分の力を高めるのことが、
もっとも安心に繋がるし
もっともコスパが良いのです。

英語なんてすぐにできるようになりません。

英語ができるからといって、
外国人とどう接すれば
良い関係が築けるのかなんて、
実際に経験しなければわかりません。

いきなり明日から外国に住めと言われても
住めるようになるわけじゃありません。

だから、「いま」練習しておくのです。

だから、「いま」、留学できるうちに
留学することが大事なのですよ。

僕は、もっと多くの日本人に世界を見て来て欲しいし、
日本の良いところにも悪いところにも気づいて欲しいし、
日本の文化も知って欲しいし、日本がどういう国で、
世界のなかでどういう位置にいるのかというのを知って欲しいと思います。

本音を言えば、今まさにこのページを読んで
くれているあなたはもちろん、
日本人全員に、一度日本を出て、
外国で暮らす経験をして欲しいと思っています。

単なる外国カブレではない、世界のルールも理解しつつ、
日本人としてのアイデンティティもしっかり持っている人。

必要に応じて日本でも海外でもボーダレスに移動できて、
どこででも自由に生きていける力を持っている人。

僕はこういう人をカッコいいと思いますし、
こういう日本人の仲間を
もっと増やしたいと思っています。

皆で足を引っ張り合って、出る杭を打ちまくって、
みんなで居酒屋で愚痴を言い合って、傷を舐め合って、
みんなで仲良く沈んでいくような、カッコ悪い日本人ではなく、

各々が自立して、自分で責任を取り、
日本でも世界でも軽やかに移動して、
楽しみながら自由に生きていく人。

そんな人が増えればこの国はもっと
楽しいところになると僕は信じています。

もっと自由で、もっと創造的で良い国になると思います。

だって、日本人はもともと力を持っているんですから。

だから、一度日本を出て、世界を見てきてほしいのです。
日本を出て、客観的に日本を見られるようになって欲しいのです。

海外生活を経験して、英語力を高めて、
サヴァイバル能力をつけて欲しいのです。

世界の多様性を理解すること。
いろいろな人間がいて、いろいろな考え方、
生き方があるということを受け入れること。

柔軟な発想を持つこと。
どこででも生きていける
サヴァイヴァル能力を身につけること。

そして自由になること。

それが留学で得られる最大のメリットです。

僕たちはそんな人たちを応援したいと思っています。