なぜロンドンなのか?

まだ何者でもない人にもチャンスが溢れる街

僕のロンドンのフラットメイト(シェアメイト)は元々美容師でしたがロンドンでデザイナーを志し、ロンドンファッションウィーク(ファッションショー)に出演し、帰国後、日本全国で服が売られるデザイナーになりました。今ではKIDILLというブランドのデザイナーとして、パリコレにも出ています。彼は元美容師だったこともあり、服飾の専門学校には通っていません。ロンドンで完全に独学で服作りを習得しました。僕が音楽を作っている部屋の隣の部屋からは、毎晩彼がミシンを踏む音が聞こえていました。また、ロンドンではアマチュアミュージシャンであってもライブをやればお金がもらえます。お金を払ってライブをする日本とは大違いです。ロンドンは「まだ何者でもない人」にもチャンスが溢れています。ロンドンから多くの才能が生まれるのは偶然なんかではありません。

伝統と革新が同居する街

僕がロンドンという街を一文で表現するとしたら”ポップでモダンでクラシカル”です。ファッションが好きな方は分かりやすいかもしれません。 イギリスのファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッドが象徴しています。伝統と革新、トラディショナルとアヴァンギャルドが同居しています。彼女の作る服はタータンチェックという伝統的な柄がよく使われます。しかし表現は斬新でアヴァンギャルド。古いものをモチーフにしつつも「いまの空気」や「反骨精神」を取り込んで人々を魅了し続けています。”伝統をリスペクトしつつ、新しいものを取り入れる”ところがヴィヴィアンの魅力ですが、これはロンドンそのものです。築200年の教会をリノベーションしたBarや築100年のパブが街のあちこちにあります。パブのあの雰囲気・佇まいは、インテリアのプロが「それ風に」作っても絶対に出せません。なぜなら醸し出されるものだからです。こんな街は世界中どこにもないでしょう。深みと余裕があります。それがあるから、最新の流行やカルチャーが生まれたとしてもビクともしないわけで、好き勝手やらせることができるのです。イギリス人は古いもの、伝統的なものを大事にします。しかし新しいカルチャーも排除しません。相反するものが共存する街です。この空気がロンドンを作っている大きな要素で、多くの人を魅了するところだと思います。

建築が魅力的

これは今話した伝統と革新の話にも通じますが、イギリスには魅力的な建物がたくさんあります。“古いものを生かして新しいものの価値を最大化するセンス”がずば抜けて良いです。ロンドンの街が”映える”のは使い方がうまいからです。イギリス人はリノベーションの天才なんじゃないかと思います。ロンドンの現代美術館、テートモダンはその象徴です。廃墟となった火力発電所の中で現代アートを展示するから良いんですよ。中身も全部新しかったらダメなんですよ。中世のような趣の建物の中でiPhoneやオーガニックアイスクリームを売るから面白いんですよ。このコントラストが相乗効果を産み、建物はもとより、街全体の価値をあげるのです。ロンドンに留学する理由として「街並み、建物が好き」をあげるお客さんは結構多いです。日本の観光はロンドンから多くを学ぶべきですね。

ヨーロッパ中に1万円で行ける旅行天国

ロンドンはまるで「ヨーロッパの首都」です。ロンドンからヨーロッパの各都市にはどこでも飛行機2時間で、パリなら電車で2時間半で行けます(感覚的には東京ー大阪ですね)。 格安航空券をうまく使えば例えばバルセロナに往復1万円で行けたりします。またモロッコやエジプトなどアフリカにも気軽に遊びに行けます。 ロンドンは旅行好きにはたまらない街です。

出会いの街

ロンドンは人種のるつぼです。ロンドンにいる人だけで国連が作れそうなほど多くの国々の人が集まっています。一度ニューヨークに旅行に行きましたが、ロンドンの方が多様な人種がいると感じました。ニューヨークはアフリカ系やヒスパニック系は多いのですが、ロンドンはそれらに加え、インド系、ヨーロッパ系、ジャマイカ、中東系など、本当に多様性に満ちています。だから僕ら外国人でも暮らしやすいのです。イギリス人のみならず様々な国の人に出会えますし、日本では出会えなかったタイプの日本人にも出会えます。
イタリア人と恋に落ちるかもしれませんし、一生モノの親友ができるかもしれません。 僕のロンドン留学の最大の財産は”出会い”です。

P.S. 実際うちのお客さんの中で、僕が把握しているだけで8名がロンドンで国際結婚されています。イギリス人、イタリア人、ポーランド人などなど。彼らは今もイギリスに住んでいます。

ファッションの街

パンクファッションやツイッギーなどいつの時代も流行の発信基地であり続けているロンドンは、ヴィヴィアン・ウエストウッド、ジョン・ガリアーノ、アレクサンダーマックイーン、ポールスミスなど世界的有名デザイナーを育んできました。ファッションに関する刺激的で面白いイベントも盛りだくさんあり楽しい街です。また、セントマーチンという世界最高峰のアートカレッジがあり、ここのファッション課もとても有名です(ガリアーノもマックイーンもこの学校の卒業生!)。このセントマーチンの卒業制作展は業界人も注目していて、この展示がきっかけでデザイナーとしてブランドに雇われる人もたくさんいます。

アートの街

テイトモダンや大英博物館など無料の美術館がたくさんある他、至る所にギャラリーがあります。この街にとってアートは気軽に楽しむもの。ふらっと歩けばBanksyのような素晴らしい作品に出会ってしまう、暮らしているとそう実感できます。ロンドンはアート好きにとってすごく居心地が良い街です。アートは特別なものではなく、日常に溢れているもの。それを教えてくれたのはロンドンです。

音楽の街

世界的に有名なDJが “普通の週末に”気軽に回していたりします。クラブシーンの充実度が半端ではなく、そこかしこで面白いパーティーがやっています。トップDJともなると一晩で1,000万円以上のギャラをもらう人もいます!ライブも日本の半額くらいで観られたりします。夏から秋にかけフジロック級のミュージックフェスが国内中で行われ、ビョーク・RadioheadなどBigネームも多数登場します。ロンドンは音楽好きにはたまらない街です。僕みたいな音楽フリークは水を得た魚になっちゃいます。

美容師の聖地

ヴィダルサスーン、Toni&Guy、SANRIZZなど世界的に有名なヘアサロンのある美容のメッカです。Alternative hair showのというヨーロッパ最大級のヘアーショーも毎年開催されていて、日本人美容師さんもサロンで腕を磨いたり雑誌のヘアメイクをしたりして夢を叶えています。

僕たちはロンドン美容留学の手配も行なっています。

英語の本場

全てはここから始まりました。英語を勉強するのはもちろん、その背景にある文化や歴史も含めて実際に自分のからだで英語を体感したい、数多くの小説や映画の舞台になっている街で勉強したい、やっぱり本場で勉強したい、という人にロンドンはおすすめです。英語を学ぶならイギリス英語を学びたいという方も多いです。もちろんイギリスにいる全ての人がクイーンズイングリッシュを話すわけではありませんが、僕個人的にもイギリス英語が好きです。例えば「T」をはっきり発音するところとか、いわゆるアメリカ英語に比べて綺麗だと感じます。

カルチャースクールの本気度がすごい

ロンドンにはアダルトスクールと呼ばれるカルチャースクールが沢山あります。 なかには100年の歴史を持つ学校もあり、コースも多岐にわたっています。 フラワーアレンジメント、アロマテラピー、アート、音楽など ”イギリスでこそ学びたい”コースが目白押しです。 学校によっては数万円から受講できるコースもあります。英語+αで習い事。かなりおすすめです。正直いうと、僕は今でも通いたいロンドンのアダルトスクールがあります。留学中に音楽のコースを見学したことがあるのですが、ものすごく面白そうでした。先生が素晴らしく、当時音楽制作をしていた僕に足りないもの(アレンジ力)を一瞬で見抜かれました。(今でも本当に残念なのですが、当時、数万円が払えず断念しました)

緑が多い

意外に思うかもしれませんがロンドンには緑が多いです。ちょっと歩けばすぐに公園にぶつかります。お昼ご飯を公園で食べたり、芝生に座りながらビールを飲んだり人も多いです。ロンドンの街の30%は緑地です。さすがガーデニングの国ですね。都会にも関わらず、いや都会だからこそ緑を大事にするところがロンドン、そしてイギリス人の良いところです(これは東京も見習いたい点です)。

スポーツの街

イギリスはサッカー(フットボール)発祥の地です。イギリス人のプレミアリーグの盛り上がり方は尋常ではありません。ロンドンにもアーセナル、チェルシー、トッテナムなど有名クラブチームがいくつもあります。ウィンブルドンで行われるテニスの殿堂全英オープン。センターコートでの試合観戦はテニスファン憧れの的です。他にも競馬、F1等イギリス発祥のスポーツは驚くほど多いです。また、乗馬、ハンチング、ゴルフなど、スポーツがファッションと密接に結びついている点も見逃せません。

他にもまだまだ沢山あるのですが、限られたスペースでロンドン、イギリスの魅了を語り尽くすのは不可能です。 人によっては、ハリーポッターだったり、ピーターラビットだったり、紅茶だったり、アロマテラピーだったりするかもしれません。

続きはあなた自身で探してください。
ロンドンは懐の深い街です。

新旧、伝統と革新、世界150カ国以上からの移民、まだ何者でもない未来のスター等々、全てを飲み込みつつ排除することなく混ざり合っている大きな有機体(organization)です。 地球の縮図と言っても大袈裟ではないかもしれません。

それがロンドンが昔も今も愛され続けている理由だと思いますし、僕がロンドンに魅了されてやまない理由でもあります。そんな環境のなかで英語を勉強する。 そんな空気を吸いながらロンドンの街で暮らす。

楽しいと思いませんか?